変わることの難しさ

April 16, 2019

 

おはようございます。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

人と組織をやる気にして成果を出すを支援するファシリテーターの俵です。

 

今日は昨日ファシリテーションをしてきた女性だけのプロジェクトで気づいたことについて書きたいと思います。このプロジェクトを引き受ける際に役員会のファシリテーションをさせていただいていました。現在も続いているのですが。その実績を買っていただいたのかわかりませんが、社長から全体の1割にも満たないのだけれどだからこそいろいろと気づいていることがあるのでないかという事で女性を集めて業務の改善を中心にプロジェクトを立ち上げたいからそれをファシリ手^-ションしてくれないかという依頼をいただきました。3月に第1回目を開催し、そこで職場の課題について共有するという場を設けました。そしてそれぞれで課題を持ち帰って検討してくるという事で、昨日第2回目が実施されたわけです。

 

歴史のある会社なので昔から使っている書類や書類の流れなどの関して今まで一度も改善の手を入れていない為、何のために必要な書類なのか、なぜこの書類が必要なのかという事が議論されてきませんでした。そこでそのあたりを参加しているメンバーに確認してきてもらうという事をお願いしたわけです。

 

そうすると聞かれた上司もなんで必要なのかという質問に対して本社で必要だからだろというあいまいな答えしか聞けてこなかったという事でした。ただいざそれをやめてもいいのではないかと聞くとそれは無理だと言われてきたという人たちが大半だったわけです。

 

また、本人たちも今までやってきた事をやめておいいと言われたとしてもそれはそれで不安になるという話になりました。

私が解決策を提示する役割ではないので、皆さんはどうしたいですかという問いを投げてみました。そうすると必要ないならやめたいけどそれを納得してもらえる自信がないとか自分たちが楽をしたいだけなんじゃないかといわれることが怖いとか、こんな声が上がってきたわけです。

 

そこで目的を明確にして、それができるかどうかの検証をしてみてはどうでしょうかと提案してみました。するとメンバーの1人からせっかくこういう機会をもらえたのだからやってみたいと思うという声が上がってきたのです。その声が上がったところからやってみることになったわけです。あとで聞いてみると今まで様々な提案をしてきたがそのたびに無視をされ、意味がないと言われ心を折られてきたのでみんなの中に言ったところでという気持ちがあるのだと思うと言われました。

 

自分たちの中に植え付けられた物に対して、それをのり越えて変わっていくという事の難しさを強く痛感した瞬間でした。

このプロジェクトは1年続いていきます。その期間でどんなアウトプットを出していけるかが問われていきます。

でも、僕はこのチームが自分たちでどこに向かっていきたいかという事を対話を通じて気づいていってくれると信じてサポートしていきたいと思っています。

 

それでは、今日も1日 自分らしくいきいきと笑顔で過ごしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

(開催レポート) 最強の経営チームをつくるエグゼクティブチームビルディングセミナー

April 10, 2017

1/1
Please reload

最新記事

September 2, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
​ありがとうTV 講師NAVIに出演
株式会社キャリアプロデュース