会社に絶望した組織に出会って思う事

February 8, 2019

 

おはようございます。

 

人と組織をやる気にして成果を出すを支援するファシリテーターの俵です。

 

昨日ある会社の会議に首席して思った事について書きたいと思います。

 

現在社長から依頼されて各部門の会議に出席しています。そこでの話ですが。

 

その部署は今までは花形の部署でしたが、時代の流れの中で今後縮小傾向となる

 

事業を担当している部署です。課長クラスが10名で会議を行いました。

 

今後新たなことを取り組んでいくという事について部長から説明をするという目的で

 

集められたわけですが、最初からムードは受け取り拒否モードでした。一通り説明が

 

終わったところで一人一人に話を聞いてみると、人がいなくてできない。現状維持をする

 

だけで精一杯という声がどんどん上がってきたと同時に、今回もどうせ自分たちにやれと

 

言ってサポートもなく空中分解して終わりなんじゃないかと いう意見まで飛び出しました。

 

詳しく聞いてみると新しいことを取り組むという事で5年間やってきたが、けっきょっ会社と

 

してサポートをすることもなく少しうまくいかないと失敗だと言われたと不満を表情に表し

 

ながら話してくれました。これはこの組織(システム)の声だなと感じました。

 

まずそういう話をしてくれた方にお礼を言って、これはこの組織にある声ですという事を

 

お伝えして、あえて皆さんにお聞き所要と思い、これからもそういう会社でいることを

 

望んでいますかと聞いたら、それはない。これから後輩たちに同じ思いはさせたくないと

 

言ってくれました。つらい経験をしたことが受け取られなかった事によって沸き上がった

 

不満をしっかりと聴くことでその裏側にある願いが出てくるのだという事を強く感じることが

 

出来ました。彼らと共にこれから会社の改革を進めていくわけですが一筋縄ではいかな

 

いのは覚悟の上です。しっかり寄り添って一つ一つ丁寧に紐解いていく必要があると

 

考えています。今彼らは会社に対して絶望しているように感じました。しかし望はないわけ

 

ではありません。なぜなら彼らはまだ会社に残っているという事実です。どういう理由で

 

あれ会社に残っているという事実を尊重して進めていきたいと思っています。

 

私にとってはとても貴重な経験をさせてもらえる顧客だと感謝しています。

 

こういう組織に外部から関わって少しでも前に進めることが出来ると、弊社の理念である

 

「ひとり一人がいきいきと自分らしく笑顔で生きるを支援する」に一歩近づけると感じて

 

います。

 

この会社に入ってよかった、この部署、このチームでよかったと思ってもらえるように自分

 

も謙虚に誠実に真摯に向き合ってやっていきたいという覚悟を持てた時間だったと思いま

 

す。参加してくれ、正直に話をしてくれた皆さんに感謝でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

(開催レポート) 最強の経営チームをつくるエグゼクティブチームビルディングセミナー

April 10, 2017

1/1
Please reload

最新記事

September 2, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
​ありがとうTV 講師NAVIに出演
株式会社キャリアプロデュース