下町ロケットを見て感じたこと


おはようございます。

人と組織をやる気にして成果を出すを支援するファシリテーターの俵です。

日曜日の夜に多くの皆さんがご覧になったのではないかと思う「下町ロケットを見て

感じたことについて書きたいと思います。

まず私が感じて事は、社長の何とも言えない熱さです。モノづくりに対するまた社員に

対する熱さ。きっと暑苦しいと思った方もいるのではないかと思うのですが、一方あれだけ

熱くなって仕事に向き合っているのだろうかと考えさせられた方も実は多かったのでは

ないかと思います。私も起業して8年目に入っていますが、事業を続けていくためには

信念と誰の役に立つのかというビジョンが必要だと思ってやってきました。

やってきたと言っても組織を率いることが出来た8年間ではありませんでしたので、

偉そうなことは言えませんが、自分の想いを人に伝え共感してもらえることで仕事が

繋がってきたように思っています。

もう一つ感じたことは、佃製作所で働く社員のエンゲージメントの高さです。

前回のブログにも書きましたが、なんのために働くのかということを考えさせられるもの

でした。あのドラマを見た人の多くはドラマだからだよと思ったのではないでしょうか?

組織開発の仕事をしている私からすると、こういう会社を作っていくための支援をする為

に自分が存在しているのだと思いたいものです。

今年も残すところ今日を入れて7日となりました。皆さんにとって今年はどんな年だったの

でしょうか?

私にとってはとにかく感謝感謝の一年でした。この辺りについては今年最後のブログの時

に書きたいと思います。

ビジネスにおける人間関係の悩みやマネジメントに関して悩みがある方がいましたら

ご連絡いただければ、私の経験でお話しできることをお伝えしたいと思います。

info@career-produce.co.jp


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
​ありがとうTV 講師NAVIに出演
株式会社キャリアプロデュース